水素水は美容や健康に良い?効果効能を分かりやすく解説

水素水の効果効能は、医師の間で賛否が大きいとされているけれども、美容や健康に良いなどの理由から積極的に活用されている人も多いのではないでしょうか。こちらでは、水素水の効能について解説していきます。水素水は活性酸素を除去する作用がある、美容や健康に良い理由はこの除去作用ともいえる効能があるから、このようにいわれることもあります。こちらでは、水素水の特徴や効果効能についてご紹介していきますので、現在水素水に興味がある人やこれから水素生成器を購入しようか迷っている人など、役立つ情報をご紹介しているので参考にされることをおすすめします。

そもそも水素水とは?水素水の高濃度とは?

水素水

水素水は、水に分子状の水素を溶け込ませたもので、水の電気分解や水素ガスの溶解・マグネシウムと水の化学反応など、いくつかの生成の方法があります。また、水素水は、水素を高濃度に含んだ水の総称などのようにいわれることもあるのですが、高濃度における上限は定期が行われていないので目安となる数値が知りたい、このように考える人も多いのではないでしょうか。この時の目安になるのが水素を使った各種療法を行っているクリニックが使用しているものは、市場の中でも最高濃度の7.0ppmほどなどからも、これを目安に考えると良いでしょう。

水素水には色々な効果効能があるのですが、効果・効能とは何を示す言葉なのかご存知でしょうか。一見同じような意味にも思えるけれど、実は両者には全く異なった意味があります。効果は、特定の行為および作用により得ることができる、望ましい結果を意味するもので主に結果に重点が行われているのが特徴です。一方効能は、働きに重点が置かれた言葉などの違いがあります。また、水素水の効果や効能は水に含まれる水素濃度の割合によっても変わること、水素は空気中に放出されてしまうので開封後は直ぐに飲み切るなどが効果効能をより高めるポイントになることを覚えておきましょう。

水素水の効能と水素含有量について

水素水

"水素が体内に入ると、直ぐに有害な活性酸素と結合して中和還元する作用があるといいます。これは、体内の悪玉活性酸素を効果的に素早く消去する特性であり、水素におけるこのような作用は他の抗酸化物質には存在しない特性です。水素の他の効能には、抗酸化作用・抗炎症作用・抗アレルギー作用・質代謝改善作用などがあり、体内での働きおよび有効性はとても幅広く、美白・肌荒れ改善・疲労回復・アレルギー疾患・認知症など、様々な疾患に効果への期待ができるようです。

水素を体内に取り入れるための方法として水素水があるわけですが、一般的に市販されている水素水には水素ラジカルや水素化物イオンが溶存しているとされる活性水素水や水素分子を溶かし込んだ水素分子水に分類されるといいます。前者においては科学的根拠が乏しいけれども、水素分子水はこのような効果効能への期待が大きいようです。一般的に知られる水素水の効果は、悪玉活性酸素だけを無害にすることや免疫力が高くなる、そして身体のどこにでも入ることが可能な宇宙一小さな分子、この3つが存在します。水素水に含まれる水素含有量は、効果効能に影響を与える要素になるので商品を選ぶときなど水素濃度をチェックすることをおすすめします。

悪玉活性酸素だけを無害にする水素水の作用

水素水

呼吸により酸素を利用するとき、副産物として発生する物質を活性酸素と呼びます。この活性酸素には、善玉活性酸素と悪玉活性酸素の2つがあるのですが、善玉は人体に対して良い影響を与えるけれども、悪玉は人体に悪い影響を与える物質でもあり病気や老化などの原因に繋がるとされます。悪玉活性酸素はヒドロキシルラジカルと呼ばれる物質で、水素水に含まれる水素物質はこのヒドロキシルラジカルにだけ作用して有害なものを無害な状態にしてくれる、このようなメリットが水素に存在します。

ビタミンCやE、ポリフェノールなどの抗酸化物質の場合は服用をし過ぎてしまえば善玉活性酸素まで攻撃しようとするのですが水素の場合は特定物質にしか作用しない、画期的な抗酸化物質といっても過言ではありません。水素水の研究の中ではマウスを使った実験も行われているのですが、水素水をマウスに与えたところ脳内の活性酸素量が減ったり、強いストレスにあるマウスの脳内の海馬で編成した細胞は水素水で減少したなど、いずれも良い結果が出ているといいます。このような研究データの大半は水素水を体内に取り入れることで、水素と悪玉活性酸素が結合して無害化しているのではないか、このような理論に基づくものです。

水素水の効果効能を高めるための工夫について

水素水

水素水に含まれる水素の量は、水素濃度で表すのが特徴で単位としてはppmを使用します。ppmはパーツパーミリオンの略語、100万分の1を意味するもので比率を表す単位です。例えば、1ppmは1リットルの水に対して水素が1mg含まれていることを意味するもので、この数字が大きければ大きいほど水素濃度が高くなるので効果効能への期待も高くなるわけです。水素は気体物質であり、水に溶け込んだ状態でも抜けやすくなります。メーカーなどでは工程により濃度変化があるので、水素水を生成したときの生成時水素濃度とお客さんの手元に商品が届いたときの水素濃度など、工程ごとに呼び方を変えているメーカーも存在します。

水素水は非常に軽く小さな物質であり、これを水に溶け込ませて生成されているものです。容器の種類などにより、目に見えないごく小さな隙間を通り抜けて空気中に逃げてしまうこともあります。アルミニウムは水素を通さない性質を持つ金属素材で、水素水生成器で生成した水素水を外出先で飲みたいときなど、アルミニウム素材の容器を使えば水素が逃げにくい状態になり水素濃度が下がらない、水素水の効果効能への期待も高まるのではないでしょうか。

水素水の飲用により期待できる効果は水分補給

水素水

水素水の飲用におけるメーカーに対するアンケート調査の中では、水素水を飲むことで得られる効果は水分補給が最も多く、ダイエット・疲労回復・美容・アンチエイジングなどの回答を行ったメーカーもありましたが、医薬品医療機器等法で効果の表示ができないなどの理由から表示は控えているメーカーも存在します。医薬品医療機器等法は薬機法などに関連する法律であり、根拠がない機能や効果効能を商品の宣伝に使うことができない、このようなルールになっているもので悪玉活性酸素だけを除去する効果もこの法律に触れる部分があるようです。

ただし、効果への期待ができる可能性がある、このような表現であれば表示は可能になるのではないか、利用する側も健康や美容に良いことを信じて飲み続けることで健康的な体に改善を求めることができたり美肌効果を期待できるようになるかもしれません。要は、断言はできないけれども水素濃度が多い水素水を使えば可能性があるという意味になるわけです。ちなみに、水素水は公的な定義がないこと、溶存水素濃度も様々であること、特定保健用食品もしくは機能性表示食品として許可および届け出されたものは現時点ではゼロなどのようにいわれています。

まとめ

水素水

水素水は色々な効果効能への期待ができるけれども、基本的に根拠がないなどの理由からメーカー側は自社製品を使うとこのような効果があるなど、表示することはできません。ただ、マウスを使った実験などでは一定の効果を期待できることが報告されていること、水素水の水素濃度が高い製品を選ぶことや水素はとても軽い物質で空気中に逃げてしまうため、開封後はなるべく早く飲み切るなどちょっとしたコツを覚えることで水素水が持つ効果効能への期待ができるのではないでしょう。